2013.08.28 Wed 00:00

art it(Gustav-Adolph MOSSA)


ギュスターヴ・アドルフ・モッサ
異端の天才画家



ギュスターヴ・アドルフ・モッサ

この画家の名前を知る人は日本では少ないと思います。

1883年にニースで生まれたフランスの抽象主義の画家。

画風は耽美的と言いますか
ちょとクリムトに似た感じではありますが
クリムトが品の良いビートルズなら
こちらは、ローリング・ストーンズかピンクフロイドでしょうか。

ロマンとかゴシックとかそういう流れの
更に先鋭的な画風で時代の先を行き過ぎていたのかもしれません。

でも 今の日本なら
その画風も十分に需要があると思います。


海外では画集も販売されているようですが
日本ではあまり情報がないようです。

1971年まで生きていたので長命ですが
第一次大戦後は筆を折ったそうですから
画家としての活動期間は短かったようですよ。

地方の小さな美術館で展覧会やってくれませんかねぇ。


彼の絵を見ていると

会田誠も彼の弟子のような気がします。


artit



artit




artit


この人がモッサ うん?どこかで見たことがあるような・・・
吉本の ムーディ勝山(笑)





関連記事

Comments

みっち #- URL

これ好きだな~

chromeだとコメント書き込みできないからIEでログイン
しなおしました。一番最初の絵は、いいですね~
作るときの発想も好きだし髪に骸骨を描いてる所などは
個人的に好きですね~。
髪の毛の骸骨の後ろの部分が何と書いてるのか少し気になります笑

あっ・・・確かにムーディ勝山だ 笑

2013/08/28(Wed) 12:54       

Épine #- URL

Re: これ好きだな~

みっちさん

こんばんは。

わざわざIEで書き込みいただきお手数かけました。

この方の絵は 当時かなり時代を先んじていたんだと思います。
フランスには美術館に収蔵されているようですが
日本であまり紹介されていません。

今はネットで手軽に探せますが
一度肉筆画を近くで見たいものです。

2013/08/28(Wed) 22:21       

mikado #- URL

おはようございます。

この画家は初めて知りました!
そして、とてもグラフィック要素が強い人だなと感じました。
絵画というよりイラスト的な感覚なんですね、視覚的効果を狙っている感もありますが、今の時代にマッチしてますね。 この画家もまた、早く生まれすぎたんですね・・・。

話は変わりますが、最近気に入ってる写真です!

http://www.worldpressphoto.org/awards/2013/daily-life/fausto-podavini

2013/08/29(Thu) 09:49       

Épine #- URL

Re: おはようございます。

mikadoさん

こんばんは。

凄くポップな感じもしますし
兎に角、描くものが普通じゃないのが面白いです。

写真モノクロームで雰囲気がありますね。
この写真のようなことを
植物の写真を撮りながらいつも感じています。

C'est la vie!

2013/08/29(Thu) 16:28       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top