2013.08.18 Sun 00:00

art it(Harri Peccinotti)


Harri Peccinotti
今更ながら Harri Peccinottiに触れる



絵画や彫刻だけでなく
雑誌の写真やポスターデザイン絵本なども含め
色々なものから、影響を受けていますが
写真家をあげるなら、Harri Peccinotti です。

彼のようになりたいとか
彼のような写真を撮りたいとかでなく

そのクールな構図やアイデアは
いま見ても まさに ”カッコイイ”

彼が活躍した 雑誌 NOVA が創刊されたのは
1960年代の終わりですから
青山ブックセンターの洋書コーナーや
日本人のカメラマンが
彼の影響を受けた作品を間接的に見ているかなんですが

モデルが・・と言うのは置いといて・・

「大胆に寄る」と言うこと

そしてヌードも迫力がありました

例えば撮影場所が狭いラブホで
近くから思い切り広角で寄らないと
撮れないって言うのとは違うんです(笑)

artit



artit




artit


思わず ”痛い!”ってキャプションを入れたくなります(笑)




関連記事

Comments

mikado #- URL

おはようございます。


仰る通り、クールでカッコイイですね。 それにシンプル!

私も撮りまくって、奇跡の一枚を目指します!(笑)

このところ、「光と影」の描写に凝っています。

2013/08/18(Sun) 09:56       

Épine #- URL

Re: おはようございます。

mikadoさん

こんばんは。

奇跡の一枚 楽しみにしています^^

私も写真をやっていて
写真はつくづく光と影だと思います。
レンブラントやフェルメールを目指します(笑)

2013/08/18(Sun) 20:44       

多香子 #- URL

素敵

芸術芸術してなくて こんな写真も良いですね。また 素敵な事 紹介してくださいね。

2013/08/18(Sun) 21:12       

Épine #- URL

Re: 素敵

多香子さん

こんばんは。

商業広告やグラビアで人気のカメラマンです。
理屈よりも 視覚的なインパクトが大きくて
写真て奥が深いものだと感心します。

このコーナーでは写真にかぎらず
現代アートとか色々な視点で
アートを楽しめるように
情報敵供できればと思っています。

気楽にお立ち寄りください^^

2013/08/18(Sun) 21:46       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top