2015.08.07 Fri 00:00

artit(Michael Stokes)


Michael Stokes
Photographer


art it のコーナーでは
私が好きなアーティストやアートイベントなどを
ジャンルに拘らず紹介しています。

今回紹介するのは Michael Stokes です

このジャンルの写真をどう捉えればいいんでしょう。
初めて観た時に、パラリンピックか何かの広告用の写真を撮っている人だと思ったのです。
彼のサイトを見ると、こうした写真をファインアートフォトとして販売して
あちらのamazonでも高評価を得ているようです。

色々と彼のフェイスブックや画像検索で出てきた
写真を見ていくと、雰囲気としては
ジョエル=ピーター・ウィトキンの世界観をレスリー・キーの雰囲気で
撮っているような感じです。

モデルは、戦争で不具者となった元軍人やアスリートのようですが
詳しいことはわかりません。

鍛えあげられた肉体とハンディキャップを感じさせない
自身に満ちた力強い表情をしています。

しかし一方でこうした写真がどのような人たちに
ファインアートとして需要があるのか気になりました。

もしかしたら「欠けているからこそ美しい」・・と言うこともあるのかもしれません。




artit by nuje






artit by nuje






artit by nuje




artit by nuje






artit by nuje






thank you for seeing


関連記事

Comments

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top